債権買い取り装い高利貸し 大阪府警、東京の2業者8人を逮捕

当法律事務所でも注意を呼び掛けていた、ファクタリングまがいの闇金業者が逮捕されました。(以下引用)

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。

摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。

逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。

ファクタリングは中小企業などが保有する売掛債権を買い取り、額面の5~20%を手数料として差し引いて現金を支払うサービス。債権を期日前に現金化できるメリットがある。
(引用:産経ニュース 2017.1.25 23:09 http://www.sankei.com/west/news/170125/wst1701250088-n1.html

闇金まがいのファクタリングに関しては昨今、相談件数が急激に増えており、当センターでは新しいタイプのシステム金融として注意喚起をしていました。

法改正などによるヤミ金取り締まり強化のなか、現状では法解釈の判断がむずかしいファクタリング業界に法律の網目を潜り抜けて参入するヤミ金業者が溢れていましたが、今回全国初の貸金業法違反での摘発、また出資法などについても捜査をしていくとの事ですので、今後の流れに注目です。