法定金利の最大 約89倍で貸し付けか、容疑の男ら3人逮捕

法定金利の最大およそ89倍で現金を貸し付けるなどして、およそ2億5000万円の利益を得ていたとみられる元ヤミ金業経営の男らが警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは元ヤミ金業経営の坂本洞哲容疑者(38)ら3人です。坂本容疑者らは貸金業の登録がないにもかかわらず、東京・東久留米市の男性(56)ら5人に対し法定金利の最大およそ89倍で現金を貸し付け、違法な利息およそ140万円を受け取った疑いが持たれています。

取り調べに対し、坂本容疑者は「私は金貸しなどしていません」と容疑を否認しています。警視庁は坂本容疑者らが2009年から今年9月までに全国のおよそ2100人に貸し付けおよそ2億5000万円の違法な利益を得ていたとみて裏付けを進めています。(29日19:27 TBSNews)